日本のアニメーターが海外の外注にとって変わる?!庵野秀明のアニメ未来予想。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメ制作体制の崩壊

傷物語 I 鉄血篇(通常版) [Blu-ray]

どうもフロッキーです。

アニメ業界はもってあと数年

こちらの記事で庵野秀明氏の日本のアニメ体制に対する発言が載せられている。

上記の記事を要約すると

今のアニメ制作のシステムはかろうじて持っている状態であり、その崩壊は時間の問題。見込みについては、いずれにせよ20年はもたず、あと5年ほど

さらに

アニメ制作の中心がアジアの、より条件のいい場所に移る可能性を指摘。

とのことだ。

確かにアニメというものをビジネスとして考えれば、多少の作画の質を下げてでも

コストを抑えるために最低賃金がより安い国で原画や動画などの作業をしようと考えるのは至極当然である。

とは言ってもアニメーターの低賃金問題は今に始まったことではなかったし、

深夜アニメを観る分には日本人が作っているのが当たり前のように思えた。

庵野氏が唱えている説を肌身で感じることが傷物語を観るまではなかった。

傷物語のエンドロール

傷物語 〈III冷血篇〉(完全生産限定版) [Blu-ray]

化物語と言えば西尾維新氏の小説が原作で、今や知らない人の方が少ないのではないかと思わせるほどの人気アニメだ。

しかし、傷物語のエンドロールを映画館で見たときは衝撃を受けた。

エンドロールの名前がやたら韓国人らしき人たちの漢字が増えていたからだ。

しかも名前が載っていたのは一人や二人というレベルではなく数十人単位だったので、多くの日本以外のアジア人たちが傷物語の映画製作に携わったということになる。

ただ今の状況ではアジアの方に任せる部分は主に作画のみという体制になっている。

原作、ストーリー進行など作品重要部分はあくまでも日本のプロフェッショナルが行う。

日本アニメの未来

関連画像

傷物語のエンドロールからわかることは、日本のアニメが日本で作られることがなくなる日が近づいているということだ。

つまりストーリーなどは日本で考えられるが、僕たちが見ている絵はアジアの人たちが描いているシステムにどんどん変わっていくだろう。

日本のアニメを海外で作られるということに抵抗を覚える人もいると思うが、ラグビー日本代表と同じですべてのことを日本人でやる必要はないのだ。

安い労働力を求めてアニメ業界が動くという流れは当然であり、僕たちはそのような変化に対応していく必要があるのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*